長谷川匠 Takumi Hasegawa

美術

1985年 埼玉県深谷市生まれ

2013年 渡仏

2015年 アトリエ長谷川匠を設立。

2016年株式会社アトリエ長谷川匠を設立。

2017年Maison de Miroir完成

2018年 新国立劇場でJapon dance project 「夏ノ夜ノ夢」の舞台美術を担当

2019年日本バレエ協会主催 クレアシオン 振付遠藤康行の「月下」の舞台美術を担当

2020年 春、青木尚哉主催 「LANDSCAPE」の舞台美術を担当

冬、大和シティバレエの演出、振付宝満直也の「美女と野獣」の舞台美術を担当

2021年 春 日本バレエ協会の「眠れる森の美女」の舞台美術を担当

夏 日生劇場主催 「ひなたと月の姫」の舞台美術を担当。


国内外、多数プロジェクト進行中の新進気鋭の若手建築家。

長谷川匠  Takumi Hasegawa