top of page

池上直子

演出/脚本/振付/美術

千葉県出身。モダンダンスを本間祥公氏 クラシックバレエを高木俊徳氏に師事日本大学芸術学部卒業 モダンダンスからコンテンポラリー、バレエまで国内外の振付家の作品をダンサーとして踊る。2010年Dance Marchéを立揚げ

2016年文化庁在外研修員としてドイツレーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニーに研修。翌年同カンパニーの芸術監督森優貴振付、「Macbeth」でレディーマクベスを踊る。

2019年ダンスマルシェはダンサー育成プロジェクトを発足しDance Marché第2章スタート。コンテンポラリーダンスで物語性豊かな題材を、ドラマ性を重視したスピーディーな展開と演出・振付作品で、注目を集めている。

近年は大和シティー・バレエ・日本バレエ協会、長野文化振興事業団、品川キャナルアートメーメントなどへ作品提供している。またダンスに限らず、映像監督、朗読劇や音楽劇の演出や脚本も手がけ精力的に活動。


指導者として

ピラティスやバレエトレーニングを取り入れた「踊るための塾」主宰

また全国のジュニアバレエダンサーにコンテンポラリー作品を振付・指導

ジャパングランプリ第1位 YAGPトップ12&アメリカファイナル ローザンヌ国際コンクール指導 YBCコンクール第1位 PIBC入賞・他コンクール入賞多数 優秀指導者賞

全国のバレエ教室で、コンテンポラリーの指導及び作品振付



代表作品は 

Carmen(主演児玉アリス)

ジョルジュサンドの手紙(主演池上直子&イーガル)

牡丹灯篭(主演米沢唯&宝満直也 木村優里&厚地康雄)

Phantom(主演吉崎裕哉&松岡希美 渡邊拓郎&木村優里)

オズの魔法使い(カンパニーメンバー)

玉藻の前(主演飯島望未&杉野慧)

雪女(本島美和&渡邊峻郁

星の王子さま(二山治雄)

など

和物から洋物まで幅広く振付演出している。

2019・2022年度オン・ステージ新聞若手振付家ベスト1

池上直子
bottom of page